半 鐘はんしょう)

   

寺院で時間を境内の僧侶にしらせるために使用されているもので、現在も法要開始等の合図用として使用しています。