布袋像

和合・予知・金運の神様

喜捨されたものは何でも、大きな袋に入れて旅をしていた。この袋は福袋というより堪忍袋とも言われ、現世の欲望を達観した大らかな人ということで、多くの人に愛されています。夢を育て、人格を磨き、円満な家庭を築いて、金運を招福するということで、慈恵(いつくしみ)として信仰されています。
真言
「おん まいたれいや そわか」