お地蔵菩薩(水子地蔵尊)

 地蔵菩薩は、お釈迦様が亡くなられたあと、五六憶七千万年の後に弥勒菩薩が出現するまでの間、この世に仏様がおられないので、仏様にかわって人々を救い、法を説くために、願ってこの世に出でこられたのです

「地蔵」という名は、大地があらゆるものを育てる力をもっているように、人々の苦しみを救い、願いごとをすべてかねて下さるという大慈悲の心を限りなくもっておられるというとこらから、その名がつけられています。

地蔵菩薩は僧侶そのものの姿をしています。
頭はきれいに剃髪され、大きな袈裟を纏(まとう)って、手には錫杖を携えています。