烏枢沙摩明王尊像
(うすさまみょうおう)

 東司(トイレ)を守護する神様

世の全てのものに接して、一切の汚れや悪を燃え焼尽くす偉力を示す明王とされています。すなわち、不浄を転じて清浄にさせる徳を持つ。また、無心に手を合わせば、他人に「下」の世話を受けないですむとも言われております。

『おんくろだな うんじゃくそはか』