BLOGブログ

HOME//ブログ//緊急事態宣言下での行事開催について

自敬寺の行事

緊急事態宣言下での行事開催について

緊急事態宣言下における行事開催についてお知らせします。(2021年1月14日現在)

政府・自治体によるイベント開催制限方針を遵守した上で開催をいたします。(各行事の概要はこちら

コロナ禍での自粛・休業が相次いでおりますが、自敬寺の考えとしては常に門戸を開けておくことです。

幸い、昨年自敬寺にお越しいただいた方で二週間以内に新型コロナウイルスに感染されたという連絡は入っておりません。

これを踏まえ、対策を徹底して各行事をいたします。

 

主な対策として

・アルコール消毒液の設置

・坐禅会・写経会など終了した後の茶礼は中止します。

・写経などは通常一階の会館を使用しておりますが、密集を避けるためより広い本堂を使用します。

・本堂内にて人との距離を十分とれるよう席を配置します。

・本堂の換気扇・窓・出入口を開け、換気をよくして開催します。

・読経をする場合は和尚のみで行いますので、皆様は黙読をお願いします。

 

お越しになる方へのお願いです。

・発熱などの風邪症状のある方、感染すると重篤な症状になるとされる方は参加されないようお願いします。

・手洗い・アルコール消毒のご協力をお願いします。

・マスクの着用をお願いします。マスク未着用での会話はお控えください。

(マスクは寺でも用意しています。お持ちでない方は申しつけください)

・咳をする際には、咳エチケットにより飛沫を飛ばさないようにしてください。

 

以上、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

また、行事を中止する場合は事前にホームページに記載しますので、各行事のページにてご確認お願いいたします。

ブログ一覧